冷凍冷蔵車の点検について

■フロン排出抑制法とはどのようなものか
私たちの生活を快適なものにしてくれる冷凍冷蔵車ですが、日常に関わる多くの場面で使われることもあり、時にはフロンガスの排出が問題視されることもあります。ですが、技術の向上によって、より環境への配慮がなされた冷凍冷蔵車が製造されるようになっています。
そして、2015年の4月よりオゾン層破壊と地球温暖化の原因となるフロンガス排出を削減していくために、フロン排出抑制法が施行されました。フロン排出抑制法によって対象となるものは、業務用の空調機器や冷蔵機器であり、かつ、冷媒としてフロン類が用いられているものです。これらを第一種特定製品と呼び、冷凍冷蔵車の場合は車載冷却器がこれにあたります。ちなみに、冷凍冷蔵車のカーエアコンは対象にあたりません。
これによって、第一種特定製品の管理者は後述のような取り組みをしなければいけません。
設置環境・私用環境の保全、簡易点検や定期点検を行うこと。また漏えいや故障などが確認された場合は、修理を行うまでのフロン類充填が原則禁止となります。かつ実施した際には記録作成・保管を行う必要があります。
もし、フロン類を漏えいさせてしまった場合はどのくらい漏えいしたかを国に報告する必要がありますし、フロンの充填、回収も「第一種フロン類充填回収業者」に委託する必要があります。
これは、これから冷凍冷蔵車の導入を考えている方だけでなく、現に業務用冷蔵庫や空調を持っている場合にも気を付けたい所です。
以下では、冷凍冷蔵車に必要な点検のうち自ら行うものと、業者に行ってもらう場合のものについてを記載します。

■簡易点検
まず、すべての冷凍冷蔵車のユーザー(第一種特定製品の管理者)には、4半期つまり3か月に1回の簡易点検が求められます。ユーザーへ義務として課せられているものなので、プロでなくてもできる範囲のチェックを行えば十分です。そのため、基本的に目視によって外観に異常がないかを確認することが求められます。しかし、機器が明らかに壊れていたり、一般人では見づらいような場所に設置されていたりする場合は専門業者へ依頼して簡易点検を行ってもらいましょう。
冷凍冷蔵車の場合は車載冷蔵機とそれにかかわる機器が対象になるため、自動車としての機能をチェックするものとは異なることも確認しておきましょう。
この際見るべきはオイルの滲みや異常な作動音、その他目視でわかる範囲の異常です。実際の手順はエンジンや冷凍冷蔵ユニットを作動させない状態でオイルの滲みを確認後、冷凍冷蔵ユニットを作動させた状態での作動音を確認、その後クーリングユニットの吹き出し口から冷風が出ていることの確認の順番です。もし、異常が見つかった場合は専門業者や販売店に連絡します。
確認が必要な場所は主にエンジンルームにあるコンプレッサー(圧縮機)・冷却ホース・配管類、コンデンサー(凝縮器)、スタンバイ装置(外部電源をつなぎ、エンジン停止中でも冷凍運転ができる装置のこと)、エバポレーター(蒸発器)などです。
点検内容については記録を行い、補完する必要があります。これは、異常がなかった場合にも必要とされますので忘れずに記録しましょう。もし、異常が発見された場合には60日以内に修理をしなければなりません。この修理の結果、フロンが漏えいしていることが明らかになった場合、それが解決された後でないとフロンの充填は許可されていません。
「簡易」という名がついていますがこちらは法律で認められた義務であるので怠らないように気をつけましょう。3か月に1回、年に4回です。

■定期点検
その他に、サブエンジン式冷凍機を搭載している冷凍冷蔵車は年に一回以上の定期点検が必要です。これを行える者は法律上十分な知見を有する者とされていますが、一般的な業者であれば行うことができます。フロン排出抑制法に対応した点検を行っているかどうか、確認してみると良いでしょう。
また、条件の如何によって社内で行うことも可能です。社内で行うためには、一定の条件を満たした人がいなければなりません。
一定の条件とは冷媒フロン取扱技術者(二種の場合は定格出力15kw以下の制限有)であること、指定された一定の資格等を有し、かつ、環境省および経済産業に確認された講習を受講した者であること、さらに十分な実務経験を持ち、かつ適正な講習を受講した者であるということの3つです。指定された一定の資格等・適正な講習等については環境省のホームページから確認が可能です。
そういった人員がいない、または人員を準備しているが条件を満たすまでに時間がかかるといった場合には専門業車へ依頼すると安心です。車体を購入した販売店に問い合わせてみるのも一つの方法です。購入時にあらかじめ確認しておくと後々よりスムーズです。店舗によっては対応を行っている場合がありますので、一度確認してみてもよいでしょう。